商品レビュー高評価♪みんながオススメ☆買って大満足なものって?


2013年05月27日

洗濯の方法を見直してみた(襟汚れ編)

洗剤を変えて、つけ置き時間を足してみたのだけど
襟と袖の汚れはえり汚れ用スプレー洗剤をつけてもよく落ちない。。。

なので、夜のうちに洗濯用固形石鹸(ウタマロせっけんというもの)を
汚れの部分にこすりつけてからシャツ用ネットに入れることに。

このシャツ用ネット、形状記憶シャツ(ノーアイロンシャツ)用のネットなのだけど
ホントにシワができないのでずっと愛用しているのです。
襟がくずれず、身頃と袖のシワがほとんどできません。 


このネットに入れて、バケツにぬるま湯をいれてワイドハイターを溶かした中に
ひと晩漬けます。靴下も一緒に。
ワイドハイターなどの酸素系漂白剤は水よりもぬるま湯のほうが
成分の効果が発揮されるそうです。
もっと頑固な汚れには50度くらいの熱湯で溶かしてつけ置きすると
非常によく落ちます。

さて、翌朝は洗濯機で他のものと一緒に洗います。
これでかなり汚れが落ちるようになりました。

もうひと手間‥‥
乾いたシャツの襟の、首が当たる部分にシッカロールをすりつけます。
固形のベビーパウダーだと粉が飛び散りません。
ベビーパウダーが皮脂を吸収してくれるので汚れがつきにくくなるのだそう。 

洗剤や漂白剤の効果をより引き出すためにちょっとひと手間かける工夫が
必要なんだなと、今回よくわかったのでした(^O^)v

 
ノーアイロンシャツ用の洗濯ネットの紹介動画、よかったら御覧くださいるんるん
タグ:家事 洗濯
posted by ふくふく at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:(ハンドルネームでどうぞ)

メールアドレス:(入力しなくてもOKデス)

ホームページアドレス: (お礼に訪問させていただきます♪)

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。